建墓の後

お墓を建ててから、遺骨を納めるまでの間に、修めなければならない大切な法要が二つあります。それは開眼法要と納骨法要です。

開眼法要

まずお墓を建てたなら、できるだけ早くしなければならないのが
「開眼法要」です。
仏教で、お墓は建てただけでは、ただの「もの」に過ぎないとされています。それを開眼法要を修めることによって、仏さまの魂が墓石に入り、ただの「もの」から仏塔になるのです。

詳細を見る

納骨法要

遺骨は、葬儀後しばらくの間、自宅で安置してから、お墓に納骨することになります。この時に行うのが納骨法要です。

詳細を見る